ホーム > ブログ > 2012年3月

2012年3月

お天気がいいので

最近、お仕事で東大阪や四日市などに行っておりました。

季節も春めきお天気も良かったので

本日のランチはrestaurantお弁当を買って明日香村へ。。

案山子路という細い道を car 車で走ります。

秋には案山子のコンテストも行われているようです。

案山子路01.jpg

 

 

 

 

 

 

やはり、のどかな場所は心が落ちつきますね!

案山子路02.jpg

案山子路03.jpg


まずは、田んぼの お地蔵様と観音様 にごあいさつshine

ドラゴンまでお迎えを頂きありがとうございます。

棚田の風景を眺めながら、美味しくいただきました。

案山子路05.jpg

案山子路04.jpg


ごちそうさま delicious

 

イグ・ノーベル

弊社は不動産ポータルサイト「at home」に加盟させて頂いております。

そして毎月、加盟店向けにコミュニケーションペーパーが

送られてくるのですが、今回はその中より

「イグ・ノーベル賞」 を受賞された 廣瀬 幸雄(金沢大学大学院特任教授)先生。

イグノーベル 001.jpg

 

 

 

 

 


 
「イグ・ノーベル」とは・・・
イグノーベル賞 ( Ig Nobel Prize) とは、「人々を笑わせそして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞である。
 イグノーベルの名は「ノーベル賞」に反語的な意味合いの接頭辞を加えたもじりであると共に、「卑劣な、あさましい」を
意味する " ignoble " と掛けている。 同賞には、工学賞、物理学賞、医学賞、心理学賞、化学賞、文学賞、経済学賞、
学際研究賞、平和賞、生物学賞などの部門がある。毎年10月、風変わりな研究をおこなったり社会的事件などを起こした
10の個人やグループに対し、時には笑いと賞賛を、時には皮肉を込めて授与される。             「Wikipedia」


廣瀬教授の受賞は 「ハトに嫌われた銅像の科学的考察」 で

上野にある西郷隆盛の銅像がハトの糞だらけなのに対し

兼六園にある日本武尊の銅像にはハトの糞が一切ついていない

と言う事に「どうしてsign02 」と疑問をもち40年後に原因を突き止めた。というものscissors

この謎は日本武尊の銅像に含まれるヒ素の含有量が

他の銅像より多かったためで、ハトはヒ素と鉛から発生する電磁波を嫌ったからでした。

イグノーベル 004.jpg

 

 

 

 

 

 

小学生の時に肥溜めに落ちたら、その肥溜めがまったく臭くなく

「なぜ?」と考え続け、バクテリアが臭いの元を食べるせいだと分かり

臭いを消す液体を発明したとも。

 

先生いわく、自分は 「どうして?」 と疑問に思うと

それをしつこく探究し続ける。と言われています。

僕も小学生の子供に、いろんな質問や疑問を投げられます。

大人になるにつれ世の中のことに対して、当然の事・当たり前の事と

疑問を持つことが少なくなりつつあるように思います。

自分は研究者ではありませんが、“いろんなことに疑問をもち考える”

という姿勢を、少しは見習っていきたいものです。

 

めばえ。。

18:30
仕事をしていると本部から指令が飛んできます。

本部?といっても自宅からですが coldsweats01

「子供の塾のお迎えに行けsign01」 と。
 

18:45
車を塾の前に止めてTVを観ながら待ちます。

番組は “関西情報ネットten”

その中にあるbudめばえbud のコーナー

その日に生まれた赤ちゃんが親とともに紹介されます。

ほんとに微笑ましく、自然と顔がほころびます happy01

BGMnoteで流れるこちらの曲

「なんていう歌やろうsign02 」と、ずっと思っていたのですが

わかりましたsign03

                               <熊木 杏里 誕生日>

今日は長女の誕生日。 であり、私の誕生日です。

3月7日memo どぅか今日中に生まれてsign03 と祈ったshineのが

通じたかどうか分かりませんが、同じ誕生日になりました。

子供に おめでとう birthday  と祝福しますが、今年は一言付け加えます。

「12年前の今日、ママが死にそうな痛い思いをして生んでくれたこと。忘れたらあかんよ。

おめでたい日やけど、ママに感謝する日やね heart02

そして私も母に感謝です。

1
PAGE TOP