ブログ

またまた田

「あの道の周辺で田を売ってもらえるところを探して。駐車場にしたい。」

この依頼が始まりでした。

南北に伸びる道の東西。所有者様を調べて1件1件伺う事から始めます。

先ずは「ご売却の意思はございますかsign02」からお伺いします。

すぐにお返事は頂けないので

「ご検討ください」「売却の意思はないけど考えます」

から始まり1件につき3度以上の訪問でした。

2件お断りを受け、凹んでいた3軒目。

2度目の訪問時

「〇〇〇〇万やったら売却してもいいけどな。」

昔バブル時にそれ以上の価格で買ってるから」との返事。

確かに今の相場では考えられないような価格です。

依頼者様にそれを伝えます。

「それは高過ぎやろsign03」でもちょっと考えさせて。と言われて2週間程。

「あの辺りが気にいっていて、どうしても欲しいから。あとの交渉は君次第や」と

希望金額には届かないものの近い金額を提示頂きました。

そこからご売却者様へ通うこと6回。

ようやく価格の折り合いがつきました。

価格はまとまったものの、その辺りは市街化調整区域の農地ですので

田に土をいれて駐車場にするには農地転用許可(農地法第5条)が必要となります。

契約にこの許可が成就する事を条件として契約しました。

市の農業委員会を通じて県の許可を得るまで1ヶ月半。

ようやく許可が下り、土地の決済(引渡し)となりました。

DSC_3653.JPG

 

 

 

 

 

 

 

決済時に売主様に掛けて頂いたお言葉

「せやけどあんた何回も何回もよう足を運んでくれたな。

今はワシあんたに、ほんまに感謝しとるよ。ほんまにありがとう」

心のなかで涙sweat02crying

時として、

「こんな話、いつになったらまとまるのかなsign02 まとまらなかったら何も無しよ」

と正直思ったのも事実ですが、そんな思いもすべて吹き飛びました。

売主様、買主様、そして私にとっては感慨深い、良いお取引をさせて頂きましたhappy01

そして今、造成工事中です。 ありがとうございます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.re-avantgarde.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/501

PAGE TOP