ホーム > ブログ > 2013年8月

2013年8月

物件案内にて

三重県津市の物件にお客様をご案内させて頂きました。

案内といっても、会社からは車でcar片道1時間30分

往復で3時間の距離です despair

「これだけ走って案内時間5分! やっぱり要りません!」

なーんて事になったらツラいなあwobbly と考えつつ走り出しました。

そして現地に到着。 何度訪れても立派な豪邸ですhouse

コピー ~ Hakusan01.jpg

青山 017.jpg


大理石貼りの玄関に2Fにはラウンジbar

ほんとは僕が欲しいくらいなんですけどsmile

hakusan  011.jpg

hakusan  013.jpg


ご縁ですねclub 即日ご購入を決めて頂きました。 お客様ありがとうございましたshine


そして帰り道。 少し涼みに青山高原へ

青山 022.jpg

青山 034.jpg


展望広場から眼下を見下ろす母子が微笑ましいですhappy01

その周りには数々の風車

この風車。高さ50m、羽根の長さは25mで2.6t もあるようですeye

こんなものが風だけで回転するのかsign01 自然のチカラは凄いsign03

環境にも良いしね。 そう思うのですが・・・


TVでは福島第一原発の汚染水漏れが報道されますweep

事故当時、東京電力本店の命令を無視して原子炉に海水を注入し続けた吉田昌郎所長。

先日、不幸にも58歳の若さで天命を全うし他界されましたが

のちに原子力安全委員会の班目春樹委員長は

「あの現場判断がなければ、日本は無事な北海道と西日本、

そして汚染によって住めなくなった東日本の3つに"分割"されていた、と思います」

と述べておられます。

原発の是非は人それぞれで、確かに電気は必要なのですが

僕は思います。

日本の夜にしても、防犯上の灯りflair以外のネオンが明るすぎませんかsign02

何かが起こったとき、自分達で管理しきれない機械は

稼動させるべきではないと思いますimpact

 

持つべきもの

弊社スタッフより電話がかかってきましたmobilephone

用件は 「至急、トラックと人を用意して欲しい」 との事。

事情を聞きますと・・・ear

明日、決済・引渡しの物件が、まったく家の中が片付いておらず

とても引渡しができる状態ではない。

買主様にお願いして引渡しを3日引き伸ばしてもらったものの

売主様と自分では、とても片付けきれないとの内容でした。 

スタッフも売主様には何度も「片付けは大丈夫ですかsign02」と、確認を取っていたようなのですが

「大丈夫sign01大丈夫sign01」との返事に信用していたようですwobbly


私の昔からの悪友に運送業をしてる者がおり、事情を説明しますと

「よっしゃ、大丈夫やsign03 トラックも人も段取りしたるscissors 」今日言って明日の仕事なのですが

とても心強い答えが返ってきました。

DSC_0313.jpg

 

 

 

 

 
 

4tトラックと共に私も肩にタオルを掛けて、住吉区の現場に到着。

午前中には終わるかな?と思っていたのですが、到着してビックリeye

1375145782158.jpg

DSC_0311.jpg

DSC_0312.jpg


売主様は宝と言いますが、私にはどう見てもゴミの山です。

「どこを見て大丈夫と言ってたんだろ?

買主様にも、司法書士にも、金融機関にも迷惑が掛かっているのにsign03

男性の一人暮らしとはいえ、この状態を見ると腹立たしさを感じます angry

誰だってこの状態を見ると助けを呼ぶだろうな

うちのスタッフが急遽電話してきたのも無理はないと理解できましたcoldsweats02


とりあえず家の中を空にしないと駄目なので、昼食も抜きで積み込み開始run

1375173697854.jpg

 

 

 

 

 
 

4tロングのトラックがゴミ満載になりました。

家具などは翌日に 引越しのサカイさん にお願いすることにし

売主様の指定した場所に、宝かゴミか解らないものを降ろして作業は終了しました。

悪友は仕事の金額も聞かず、快く引き受けてくれましたが

急な話に、このトラックと人が用意出来なかったら・・・shock

あらためて、“持つべきものは友”と感じた一日でした heart04

 

1
PAGE TOP