ホーム > ブログ > 日々のこと。

日々のこと。

はたらくおじさん

弊社裏のおよそ3,000坪の敷地。

以前は3階建てのスーパーがありましたが撤退し解体され

更地のまま2年が過ぎました。

知合いに会うたびに、あの敷地はどうなるのsign02と聞かれていたのですが

このたび新たなスーパーの出店が決まり着々と工事が進められています。

そんな工事の様子を窓から眺め続けて4ヵ月。ようやく完成が近づきました。

敷地内駐車場工事を上から見ます。

僕が小学生のころ児童向けでNHKの「はたらくおじさん」という番組があり

いろんな職種の働くおじさんが紹介されていました。

そんな番組があったなと思いながら今回は道路舗装の働くおじさんですwink

DSC_5647.JPG

DSC_5648.JPG


ダンプカーからアスファルトを重機にいれて敷いていきます。

DSC_5651.JPG

DSC_5652.JPG

 

敷き終われば駐車ラインの下書き。

DSC_5654.JPG

DSC_5656.JPG

 

マーカー屋さんが登場。ラインを引く横では商品の搬入が始まりました。

色んな仕事のプロがいて手際よくこなす姿を観察していると、ホントに関心させられますhappy01

 

 

待ちかねた・・・

三輪明神「大神神社」のすぐ麓。

待ちかねたお店「楪子屋」さんがオープン致しました。

ご契約頂いたのが昨年の4月、相続案件であったため17名の相続人の

ご印鑑を頂くのに約7ヶ月を要しました。

昨年末のお引渡を経て、コツコツと片付けと改装をされてのオープンです。

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1462084961923.jpg

 

 

 

 

 

 

僕が売主様から売却案件としてお預かりした時点で

既に5年間住まわれずに放置されていました。

大神神社二の鳥居のすぐ際だけに、土日ともなれば沢山の参拝者が通られます。

そんななか、この立派な建物がとても勿体なく感じていました weep

何とか息を吹き返して欲しいと。

DSC01937.JPG

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1462084944131.jpg


 6年余りの時を経て、待ちわびた復活!

三輪駅近くで営んでおられたお店を閉めての移転sign01

とりあえずはソフトクリームとソフトドリンクのお店ですcafe

僕のお勧めソフトはこちら

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1463008863140.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレミアムソフトクリームの「クレミア」

知ってる人は、よぉ~く知ってるソフトみたいなのですが

これがまた、やりよる lovely


あとは以前のお店でいただいていた日本一美味しい

「にゅうめん」の復活を待つばかりですsign03

ご主人。よろしくお願いしますねdiamond

皆様も三輪明神へお越しの節は是非お立ち寄りください。

大丈夫です! 場所はすぐ分かりますから happy01

 

 

鯉のぼり

弊社で管理させて頂いてますマンション

「橿原レジデンシャル」の2階広場に鯉のぼりを揚げましたpisces

そういえば最近見かけなくなりました。

田舎に行けば杉の木に揚げられた大きな鯉が沢山泳いでいたのですが。。。

鯉のぼりを見ると「5月や!また暑くなっていくな」と季節を感じていました。

そこで、

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1461139002305.jpg

DSC_3068.JPG


マンションの住人の方にも季節を感じて頂こうと

2年ぶりの鯉のぼりの登場です。

元は自宅で揚げていたものですが子供も大きくなり

その機会もなくなったので、こちらでお披露目です。

5月いっぱいはここで泳いで、皆さんに楽しんで頂きたいと思いますhappy01

 

ハロウィーン

管理しているマンションに、少しばかりハロウィーンの飾りつけをしました。

いつの頃からか日本でもハロウィーンが定着してきたようですね。

賃貸マンションではありますが、季節感を少しでも感じて頂けたらと

季節にあった飾りつけを行うよう心がけています。

DSC01914.JPG

DSC01915.JPG

 

自動ドアやエントランス、ニッチの花瓶やエレベーターの天井まで

DSC01917.JPGDSC01919.JPG

 

そして怒られました happy02

入居者様: あのエレベーターのイタズラは宮本さん(僕)ですかsign02

   僕: はい happy01

入居者様: 私もうビックリしましたわsign03

      昨日の夜にエレベーターに乗ってビックリして

      朝に乗って忘れててて、またビックリして2回です pout

   僕: すみません coldsweats01  外しておいた方がいいですかsign02

入居者様: いえsign03 そのままにしておいてください happy01

少し怒りながらも楽しんで頂いてるようです。 良かったbleah

 

ハロウィーン

毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを
追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日の、カトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)
の前の晩に行われる。「All-hallow-even」を短縮して、Halloweenと呼ばれる。
発祥の地はアイルランドやイギリスという説がある。古代ケルト、古代ローマ、キリスト教の3つの
文化が融合して生まれた。原点はケルト人の収穫感謝祭で、それがカトリックに取り入れられたとさ
れている。
古代のケルトでは、1年間は11月1日~10月31日までで、新年の1日目である11月1日に、悪い精霊や
神が現れると信じられていた。また、大みそかの10月31日には、死んだ人の魂が家族の元へ帰り、
さらに悪霊や魔女が町をさ迷うとも言われ、死者の霊や悪霊たちが家に入らないよう、かがり火を
たいた。伝統色は黒色とオレンジ色。
現在では、本来の宗教的な意味合いはほとんど失われ、欧米、特にアメリカで、民間行事として定着
している。カボチャの中身をくりぬいて中にろうそくを立てた「ジャック・オー・ランタン」をつくった
り、子どもたちが魔女やお化けに仮装して、近くの家々を訪れ「Trick or treat(お菓子をくれなきゃ、い
たずらするぞ)」と唱えてお菓子をもらったりする風習などがある。家庭によっては、カボチャのお菓子
をつくったり、子どもたちがもらったお菓子を持ち寄って、パーティーを開いたりする。イギリスでは
ハロウィーンは11月5日の「Guy Fawkes' Day」に統合されたような存在になっている。「Guy Fawkes' Day」
とは、1605年に、ガイ・フォークスたちカトリック教徒による国会議事堂爆破計画を未然に防げたことを
記念する行事で、子どもたちが「guys」と呼ばれる人形を持って街を練り歩き、最後にその人形を焼くとい
うもの。
日本では、アメリカやヨーロッパのような風習は無いが、ここ数年、キャンペーンやイベントに取り入れ
る企業なども出てきて、行事として定着し始めた。           「コトバンク」

 

しあわせについて

僕のお世話になった社長が天へと旅立たれました。

62才。病はガン。

日本人男性の平均寿命が80.5才ですので18年若くして逝かれました。

僕がサラリーマンとして、とあるファッションブランドに勤めていた20~30代

仕事で沢山の事を吸収するこの年代に色んな事を教わりました。

出張で幾度となく連れて行ってもらった パリ・ローマ・マレーシア・香港・サイパンairplane

見分を広げることが出来ました。

もう今夜が危ないと聞き大坂の病院へ駆けつけると、ご家族と共にたくさんの友人。

東京から札幌から福岡から・・・

病室の中は写真だらけでとても賑やかです。

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1441968981548.jpg

 

 

 

 

 


まだまだやりたかった事もあり悔しかったでしょうが

家族や十数名の友人に見守られ、そっと息をひきとられました。

でも生きていた時間、そしてこれだけの人に見守られたことは

とても幸せだったと思います。

やすらかにおやすみください。。

 

そして・・・

19歳でガンで余命半年と言われながらも

とてもポジティブに生きる山下弘子さん。

娘の学校の卒業生の方で現在22歳の彼女。

いつも彼女のブログで勇気をもらうのですが

その彼女が幸せについて綴っておられます。

http://ameblo.jp/hiroko2929/entry-12055966018.html

 幸せであるかないか?

要は自分の気持ちひとつなんですけどね。

 

太陽光を確認

以前、太陽光用地を求めて友人と和歌山往復+αで500km

の道のりを走りましたが、その友人の太陽光発電設備が建設中

ということで現地に見に行ってきました。

阪和道から湯浅御坊道路に入り印南インターで降ります。

和歌山県日高郡印南(いなみ)町。

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1438931947145.jpg

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1438930123388.jpg


何やら途中にユニークな物が。どうやらカエルの橋のようです

個人的には、このような遊び心のあるものは大好きです。

小さい子供が初めて見たら、きっと喜ぶだろうな happy01

と思いながら、この橋を渡りました。

そして5分程で現地へ

太陽光パネル2.jpg

太陽光パネル1.jpg

 

敷地約2,500坪、総工費1億数千万 yen 640w/hとの事ですが

坪数以外はあまりご縁がなく、よく分かりません。

3分も外にいれば汗sweat01が噴き出てきて、「ようこんなん作ったなあsign03 暑っsign03 」

と言うのが精いっぱい bearing すぐにエアコンの効いた車carに戻りました happy01

 

この太陽光発電施設、最近では投資目的として売買も行われています。

年間売電収入を計算し、売買価格から換算して年利回り(仮に)8%とすれば

当然、銀行に預けるよりも利回りよく、投資用マンションのように

空室の心配や、固定経費(清掃・エレベーターメンテナンス等)も

最小限に抑えられ、グリーン投資減税たるものが適用(この説明はややこしい)されるようです。

 

でも、このような売電設備を持たない私たち

電力会社に買電分を転嫁され、電気代が上がるだけなんですけどね。 チッsign03

 

咲きました

待ちかねた三輪山の桜 cherryblossom が咲きました。

今年は雨続きのため、その合間をぬって!

DSC_0119.JPG

 

 

 

 

 

 

チカラいっぱい咲いて、見事に散っていきます。


そして今年は娘の入学式。

中学から高校へと校舎が変わるだけですが

節目なので参加致します。

今年の学年目標は「おかれた場所で咲く」happy01

高校からの入学生も、入学した学校が第1志望でなかったかもしれません。

うちの娘もそうでした。

でも今は毎日楽しく、本当に楽しく通っています。

この学校にご縁があって入学出来て良かったとheart04


私自身もそうです。

今の置かれた環境、現状に不満を言うのではなく

置かれた状況のすべてを受け入れ

その中で精いっぱい咲けるよう努めてまいります good

 

環状線

娘と一緒に学校に行きました。

鶴嘴で乗り換えてJR環状線に乗ります。

お向かいのホームに入って来た電車bus

1414797584257.jpg

OPL4.jpg

 
僕:「おぉ。何やこれsign03 カッコいいなぁ」と写真をパチリcamera

   我が娘は知らん顔でスマホに夢中です。

僕:「OSAKA POWER LOOP かぁ。やるなあ環状線lovely 」

娘:「・・・」

僕:「だいたい君な、こんなん見て感動せんかsign02 」

  「何が描いてあるとか興味がわないんかsign02

娘:「だって、毎日見てるもんthink 」

僕:「あぁ。そーですかsign03angry 」

子どもと大人が反対のような気分でしたcoldsweats01


※OSAKA POWER LOOP
JR西日本大阪環状線に、6月1日より、新しいラッピング列車『OSAKA POWER LOOP』
が登場しました。
これは、JR西日本のプロジェクト「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、ラジオ局
「FM802」とタイアップ。FM802に所属するアーティスト8名が、大阪環状線の魅力を表現
しています。各車両には、歴史や食、ランドマーク、パワースポット、アーバンスポットな
どのテーマにそった絵がラッピングされています。

 

春はっけん。

大阪のキタにて

大きなウィンドウに小さな春を発見bud

1394773250743.jpg

1394773273778.jpg

 

阪急百貨店のディスプレーウィンドウ。

ついつい足を止めて眺めてしまいました happy01

1394773333091.jpg

1394773356460.jpg

 

奈良でも二月堂のお水取りが終わり、ようやく春の訪れです。

 

ありがとうございました

今年一年ありがとうございました。

夏以降は本当に忙しい日々を送らせて頂きました。

仕事で忙しく自分のキャパを超えそうになると

もう少しゆっくり自分のペースで仕事が出来たらいいのに

などと、ついつい思ってしまうのですが

良いことも悪いことも、仕事があってのことですので

そんなことを考える自分に愚かさを感じました。

もっともっと自分のキャパを広げないと。。

カレンダー.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年のミサワホーム様のカレンダーは「武久夢二」

このカレンダーに掛け替え仕事を終えたいと思います。

皆様、素敵な年をお迎えください。

 

1  2  3

PAGE TOP