ホーム > ブログ

ブログ

I AM KENJI

後藤健二という男性を知りました。

そして「インディペンデント・プレス」を知りました。

どこからも支配や影響を受けない報道機関として名付けられたのでしょう。

 
It means “Lost Age” really. これこそ本当に「失われた世代」だ

 なぜ、彼らは死ななくてはならなかったのか?希望の光射す未来と無限の才能を持っ
ていたのに。これから好きな女性ができて、結婚して、子どもを産み、家族を持てる
十分な機会があったはずなのに。戦いに疲れ果てた人たちは口々に言う。「死んだ者
は幸いだ。もう苦しむ必要はなく、安らかに眠れる。生きている方がよっぽど悲惨で
苦しい」と。皮肉だが、本音だ。彼らは兵士でも戦場を取材するジャーナリストでも
なかった。外国人と交流して異文化を味わうことを楽しみ、すべての時間を市民のた
めに自分のできることに費やし、自分で思考錯誤しながら技術と得意分野を真っすぐ
に成長させて行った。

オマールはあの時何歳だったか?革命を信じたお子ちゃまカメラ少年は、いつの間に
か生き生きした映像を録る勇敢なカメラマンになっていた。ISISに殺された。

そして、ハムザ。戦争孤児や貧しい家庭1,000世帯に、毎朝パンを届ける慈善団体を
切り盛りする天才肌の若者だった。7月10日、空爆の犠牲になった。

彼らは、いつも笑顔でこちらの頼みを聞いてくれた。一緒にお茶を飲み、甘いお菓子
を食べた。感謝のしるしに日本製の時計を、コンデジを、プレゼントした。戦時下で
は、プレゼントできること自体が嬉しいものだ。

世界各地の紛争地帯で、私の仕事を手伝ってくれた人たちが、もう何人亡くなっただ
ろうか?

でも、私はまだ生きている。生きて自国に戻り、「伝える」仕事に集中することがで
きる。

彼らが死ぬなどと真にイメージしたことは正直なかった。

鮮烈に蘇る彼らの優しい笑顔。

ボー然としたところで、「なぜ?」と考えたところで、彼らはもう戻って来ない。

どうか、神様。彼らに安らかなる日々をお与えください。

                          後藤さんのブログより


 

とても胸が苦しくなりました。

これを書いた彼がいま、同じ目に遭おうとしています。

僕には彼ほどの正義感も使命感も存在しません。

UNHCRに毎月、雀の涙ほど協力させてもらうのが関の山。

「自己責任だろ!」賛否両論あると思います。

でも僕は後藤健二さんを尊敬します。
 

 DSC_0085.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 無事解放されますことを切に願いますshine

 

KENJI GOTO
ジャ-ナリスト
1967年宮城県仙台市生まれ。
番組制作会社をへて、1996年 映像通信会社 インデペンデント・プレスを設立。

 「戦争・紛争」「難民」「貧困」「エイズ」「子どもの教育」の5つの人道分野に
フォ-カスし困難な環境の中で暮らす子ども達にカメラを向け、世界各地を取材
している。
テレビ朝日『報道ステーション』 NHK『BSドキュメンタリ-』『ETV特集』
『週刊こどもニュース』『クローズアップ現代』 などの番組でその姿を伝えている。

 また、UNICEF(国連児童基金)やUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)など
国連の人道支援機関との繋がりも強く、プロジェクト記録やモニタリング(評価)
コンサルティングにもジャ-ナリスティックな視点を取り込んで従事する。
社会貢献活動では、非営利でメディア(媒体)が貢献することを目指して『The
World With You』プロジェクトを進めている。
近年では「取材者自らの口で直接伝えること」を唱え、日本全国で講演会や小中
高等学校での授業などを数多く行っている。

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年も、弊社で取引して良かったと言って頂けますよう

スタッフ一同、真摯に仕事に取組んで参ります。

本年もよろしくお願い致します。

            株式会社アヴァンギャルド
            代表取締役 宮 本  徹

 

どちらかと言えば・・・

どちらかと言えば・・・

カラオケのある賑やかな場所よりも

静かなBARが好きです。

1419070677210.jpg

 

 

 

 

 


shine Merry Christmas shine             Nagaoにてbar

 

相続財産管理人

新しい任意売却の案件で物件をお預かりしました。

任意売却といっても、今回は相続財産管理人の弁護士様からの依頼です。


たとえば、お父さんが財産(負債も含む)を残して亡くなられた場合

奥様や子供たち(相続人)が相続しますが、相続人がこれを放棄した場合

利害関係人は相続財産管理人選任の請求を家庭裁判所に行い

一般的には弁護士が相続財産管理人となって清算を行います。

DSC01265.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの事案の物件となりましたが

物件所在地は三重県名張市、相続財産管理人の弁護士様は横浜

債権者様の窓口は仙台、それを奈良県の私達が売却させて頂きます。

今までに無かった地域関係で、お会いしたこともございませんが

ご購入者様が決まるまで、郵送と電話とメールでやり取りしながら

売却に取組んでまいります。


相続財産管理人とは
 相続財産管理人とは、家庭裁判所の審判(判断・決定)によって選任された、相続財産(遺産)の調査
管理、換価(換金)などを行う者のことをいいます。相続財産管理人は、一般的には弁護士が選任されます。
 亡くなった人に相続人となる人がいない場合、亡くなった人に相続人となる人がいても、全員相続を放棄
してしまった場合は、相続財産(遺産)を管理する者が存在しなくなります。そうなると、相続債権者(被
相続人の債権者)、受遺者(遺贈(遺言による贈与)を受けた人)は、相続財産(遺産)からの弁済(支払)
を受けることができず、相続財産(遺産)が失われたり、隠されたりする不利益にもさらされます。

 そこで、上記のような場合には、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらい、相続財産管理人に相続
財産(遺産)の調査・管理、換価(換金)などを行わせることが必要となります。そうして、相続財産(遺産)
からの弁済(支払)の確保をはかるのです。

 

環状線

娘と一緒に学校に行きました。

鶴嘴で乗り換えてJR環状線に乗ります。

お向かいのホームに入って来た電車bus

1414797584257.jpg

OPL4.jpg

 
僕:「おぉ。何やこれsign03 カッコいいなぁ」と写真をパチリcamera

   我が娘は知らん顔でスマホに夢中です。

僕:「OSAKA POWER LOOP かぁ。やるなあ環状線lovely 」

娘:「・・・」

僕:「だいたい君な、こんなん見て感動せんかsign02 」

  「何が描いてあるとか興味がわないんかsign02

娘:「だって、毎日見てるもんthink 」

僕:「あぁ。そーですかsign03angry 」

子どもと大人が反対のような気分でしたcoldsweats01


※OSAKA POWER LOOP
JR西日本大阪環状線に、6月1日より、新しいラッピング列車『OSAKA POWER LOOP』
が登場しました。
これは、JR西日本のプロジェクト「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、ラジオ局
「FM802」とタイアップ。FM802に所属するアーティスト8名が、大阪環状線の魅力を表現
しています。各車両には、歴史や食、ランドマーク、パワースポット、アーバンスポットな
どのテーマにそった絵がラッピングされています。

 

象の心拍数

小学生の息子と布団で寝る時のことsleepy

息子はその日に読んだ本から、僕に色んな問題を投げかけてきますbearing
 

息子:「パパ。象の心拍数って1分間に何回か知ってるsign02

 僕:「象の心拍数sign02 また急にそんなことを・・・」

頭の中で何回って言おうかな?体が大きいので心拍も遅いのかな?

そう思いながら

 僕:「難しい。わからんわ!何回sign02

と聞き返したら

息子:「・・・・」

問題を投げるだけ投げかけて、彼はすでに寝入っていましたpout
 

日が変わり仕事場にて、答えを調べてやると「象の心拍数」とYahooに入力 pc

象の心拍数は1分間に20回程度と分かったのですが

その関連記事が面白かったので、皆さんにご紹介させて頂きます。

私たちのお世話になっている「at home」から

東京工業大学理学部生物学教室教授 本川 達雄 氏 との対談です。


ネズミもゾウも、心臓は15億回打って止まる。
生物学的にみると、人間の寿命は26.3年です。

ハツカネズミの心臓はドキンは0.1秒、象は3秒

──人間も含めて、世の中のいろんな生物を見ると、形や色、大きさがまさに多種多様です。どれももともとは同じ「生命」なのに、なぜ、こんなにいろんな生物がいるのかといつも思っていましたが、先生の著書「ゾウの時間 ネズミの時間」を拝読し、動物によって「時間」というものもそれぞれ違うということを知り、大変興味を持ちました。

本川 そうなんです。心臓が1回打つのにかかる時間、呼吸するのにかかる時間、物を食べてからそれらが排泄されるまでにかかる時間、それから寿命にしても、動物によって異なるのです。

例えば、心臓が1回ドキンと打つ時間を心周期と呼びますが、ヒトの場合はおよそ1秒です。ところが、ハツカネズミなどは、ものすごく速くて1分間に600回から700回です。1回のドキンに0.1秒しかかかりません。ちなみに普通のネズミは0.2秒、ネコで0.3秒、ウマで2秒、そしてゾウだと3秒かかるんです。

──大きな動物ほど周期が長い、ゆったりしていますね。

本川 実は、こういった時間を計り、体重との関係を考えてみると、どれも体重が重くなるにつれ、だいたいその4分の1(0.25)乗に比例して時間が長くなるということが分かっています。

4分の1乗というのは分かりにくい数字かもしれませんが、関数電卓でルートを2回押せば答えが出ます。まあ、大ざっぱに言えば、動物の時間は体長に比例すると考えてもいいですね。

つまり、体のサイズの大きい動物ほど、心周期も呼吸も筋肉の動きなんかもゆっくりになっていくということなんです。

──それで、われわれからみるとネズミはチョロチョロ、ゾウはのっしのっし、という動きになるわけですね。


 

私たちが考えている「時間」だけが「時間」ではない

──そうした時間の違いは、ゾウやネズミ自身にとってはどうなんでしょう。

本川 時間が体重の4分の1乗に比例するということは、体重が2倍になると時間が1.2倍長くゆっくりになる関係です。体重が10倍になると時間は1.8倍になるんです。例えば、30gのハツカネズミと3tのゾウでは体重が10万倍違いますから、時間は18倍違い、ゾウはネズミに比べ時間が18倍ゆっくりだということになります。

──時間が18倍違うというのは、相当なことですね。

本川 そうです。映像を18倍ゆっくりスローモーションで再生しますと、画像はほとんど動かないと言っていいくらいです。逆に18倍の速度で早送りしますと、目にも止まらない動きですよね。

ですから、ネズミからゾウを見たら、ただ突っ立っているだけで動かない、これは果して生き物だろうか、って具合でしょう(笑)。逆にゾウからネズミを見たら、ピュッっといなくなるわけですから、ネズミなんて果してこの世にいるのか、気にもしていないのかもしれませんね。

──確かに彼らは同じ地球上に生きているけれども、同じ世界を共有しているかどうかは疑問ですね。

本川 それに、これだけ時間の速さが違えば、時間の持つ意味や、その時間を使っての生き方が動物によって大きく違っても不思議はないですね。

例えば、リンゴの木の枝から、リンゴ、鉄の塊、ネズミ、ゾウを同時に落とすとします。同じ高さから落とせばどれも同時に地面に着きますから、そういう意味ではすべてに同じ物理的時間が流れているのです。でも、ネズミは落ちている間に「あっ、落ちる落ちる落ちる落ちる・・・どうしよう!」なんて言いながら、いろんなことを考えているかもしれません。一方、ゾウは「あれぇ?」なんて思っている間にドスーンと落ちてそれでおしまいってことになるのかもしれない。いずれにしてもその間、ネズミにはネズミの、ゾウにはゾウの時間が流れていると言っていいでしょう。

現代のわれわれ人間社会では、時間というものを1秒とか1分、1時間、1日、1週間、1か月、1年・・・といったように、物理的、絶対的な単位を基準に考えますが、このように、自然界における時間、生物学的に見る時間というのも別な概念で存在するということです。

──われわれは物理的な時間だけが絶対だというように思い込んでいるところがありますが、それはいわば、人間だけの決めごとであって、他の動物にはそれぞれ独自の「時計」があるというわけですね。


 

縄文人の寿命は31年だった

──ところで、動物の生きる時間、つまり寿命も体重の4分の1乗に比例するのですか。

本川 だいたいそうです。だからおもしろい計算ができるんですよ。実は哺乳類の場合、いろんな動物の寿命を心周期で割ってみますと、15億という数字が出ます。つまり、哺乳類の心臓は一生の間に15億回打つという計算になるわけです。

ハツカネズミの寿命は2−3年ですし、インドゾウは70年近くは生きますから、ゾウはネズミよりずっと長生きなのですが、心拍数を時間の単位として考えるなら、ゾウもネズミもまったく同じ長さだけ生きて死ぬことになるわけですね。

──一生を生きたという感覚は、ゾウもネズミも同じ、ということですね。

ところで、15億回という心拍数からいうと、人間の寿命はどれくらいになるんでしょうか。

本川 26.3年です。

──現代は「人生80年」なんて言われていますが、えらい違いですね。

本川 しかも、戦前までは「人生50年」と言われていたわけで、戦後のこの50年間で急速に伸びたとも言えます。

でも、現代人の寿命と動物の寿命とを同列に論じるのは無理があります。こんな話があるんですよ。動物園のゾウは50歳を過ぎると歯が磨り減ってきてうまく食べられなくなり、食が細ると身体も弱ってきて、そう長くは生きられなくなるんだそうです。「ゾウに入れ歯をすれば、もっと長生きするよ」と動物園の方が言っていました。

──確かに歯は大事です。身にしみてよく分かります(笑)。

本川 そうですよ。もし、煮炊きする技術もなく、入れ歯もなかったら、人間だって50歳を過ぎたら食べられるものがなくなってしまいます。

もちろん、入れ歯だけで80年というわけではないですよね。安定した食料供給、安全な都市や医療の発達等が飛躍的に人間を長寿化させた要因です。

実は、縄文人の寿命は31年だったという推測値があります。本来の人間の寿命はそのくらいなのかもしれません。15−16歳で子供をつくって、ある程度子育てして次の世代にバトンタッチしていくという循環だったんでしょう。


 

「おまけの人生」を有効に生きる知恵が必要

──そうすると、私などの年代は、子育ても終って、次世代を生産するわけでもなく、生物学的にみれば特に意味を持たない「おまけの人生」と言えますね(笑)。

本川 確かにそうではあるんですが、でも私たちは単なる生物ではありませんから、生物学的とは別の意味のある人生を送ることができるはずです。その知恵をどうつくりあげていくかが、これからの人間の課題ですね。

──「人生80年」も、人間という生物にとっての「時間」でもあるわけですからね。もちろん、誰もが80年という寿命をまっとうできるわけではないけれど、自分に与えられた時間の中では「おまけ」の部分は、ある意味では自分自身で設計して生きられる、やりたいようにやれる、自由な時間と言えるかもしれない。

本川 そう考えられる人は、長い人生、きっと楽しく有効に生きられます(笑)。

──先生のお話で、動物と人間の時間の違い、世界観の違いがたいへんよく分かりました。考えてみますと、われわれ人間社会の中にも、そうした観念の違いからうまく意思の疎通ができなかったり、誤解を生じてしまったりすることが多々あるように思います。自分の時間や世界観を大切にするとともに、相手や周囲のそういったことにも配慮していくことが必要なんですね。

本日はどうもありがとうございました。


確かにsign03 人間が勝手に1秒とか1分を作った訳で

生物学的に見た別の時間の概念というのがあるんですね。

 

立会い

なにかを捕獲しているように見えますが・・・

境界.jpg

 

 

 

 

 


こちら境界を決めています。

本日は、境界確定の立会い日。

売主様が土地を分筆して売却されます。

本物件は前面道路が県道。裏側が市所有地。お隣は民有地。

地積測量はされていませんでした。

売却にあたり境界を確定し地積測量を行い、分筆して引き渡します。

そこで関係者の立会いとなった訳ですが

土地所有者。県道は土木事務所。市有地は市役所。そしてお隣の方。

測量士に区長、水路があったので水利組合代表に私。

1つ(1筆)の土地を2つ(2筆)に分けるのに

総勢13名の立会いとなりましたhappy01

 

町の活性化

先日、中学時代の同窓会にて町の活性化の話になりました。

友人がアーケード通りを何とかしようと、町の活性化に取り組むものの

商店や地主の意見がまとまらず遅々として進まないとweep


以前、宅建協会の研修で訪れた高松市丸亀町では

商店街振興組合を作り、事業用定期借地等を活用して

見事にアーケード街を復活されていました。


こちら、恥ずかしながら最近、記事で見つけました。

すでに昨年の話のようですが、商店街・賑わいプロジェクト「文の里ポスター展」

1385930_514969495266500_2119694049_n.jpg

1380227_514970321933084_1260751124_n.jpg

 

大阪商工会議所 流通活性化委員会と大阪市内の各商店街が協力して

各地で行われているようです。

文の里商店街は、電通の協力のもとポスター展を行われたようですが

これがまた、なかなかユニークでおもしろい smile

1374887_514969098599873_1010219388_n.jpg

262686_566008673495915_689012104_n.jpg


わが町の旧市街も活性化が成功いたしますように・・・shine

e765b4c94246d0eee4bb1827b9613fd8b010a2801399641724.jpg

1378864_514991961930920_668506414_n.jpg

 

 

巣立ち

管理しているマンションのツバメたち。
 

DSC01088.JPG

 

 

 

 

 

 

 

長いあいだ糞に悩まされましたが

巣立つ時がやってきましたchick

DSC01083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

気をつけてpaper

 

恐れていたこと。

5月27日はお預かりしていた物件(任意売却)の決済日。

その前日の出来事でした。
 

5月26日 17:40

所有権移転登記の担当をして頂く司法書士よりTELあり

「決済に向けて書類はすべて揃っていますが、いま物件の登記状況を確認したところ
 今までになかったH市の参加差押が入っています」

との事。 恐れていた事が、まさにおこりました bearing

H市とは物件の所在地であり、固定資産税の滞納よる差押です。

売主様には、「物件が売却できるまで月々少しでも結構ですので、差押を回避するため

H市と話し合い固定資産税は支払っておいてください。」とお願いしていたのですが・・・

物件の決済(引渡し)はS市で翌日の朝10:00 clock

それまでにH市の差押解除の確約を取らないと、決済は出来ません。

そのH市に連絡を入れるにも、既に17:15を廻っており不可能な状態です wobbly

売主様に聞けば、固定資産税の滞納は20万余りだろうとのこと yen

翌朝の一番にH市役所に行って、差押の解除をして頂くしか方法はございません。

 

決済当日、S市の銀行にお集まり頂くのは

買主様と買主側の業者様・債権者・既に差押の入ってるF市の職員・司法書士

そして売主様と私。

総勢7名ですが、債権者とF市の職員は就業時間を過ぎており

連絡がつかないので、翌朝に連絡することにしました。

登記情報.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月27日 8:30

自宅からH市役所までは朝の混雑も予想して約2時間。

6:30に家を出て少し早目に到着しました。

売主様にも来てもらい、8:45市役所の始まりとともに

差押解除に向けて交渉開始。

延滞金を免除して頂き、本税部分の25万円程を私共で立替え

その場でお支払いして差押解除の確約と書類の準備をして頂きましたscissors

 この事情を債権者・F市役所職員・買主様の業者に連絡して

決済場所のS市に向かいます。

H市役所からS市までは車で約1時間。

当初予定の決済時間10:00を30分程遅れましたが

何とか決済をさせて頂くことができました wink

 

私たちが任意売却を行うなかで、一番困るのが決済前の突然の差押です。

これは債権者も売買代金からの控除(捻出)には応じてもらえません。

したがって、売主様もしくは私共のどちらかがお金を用意しない限り

差押は解除出来ない事になります。

今回は25万円程で良かったのですが、100万円以上という事も起こりえます。

基本的に売主様は、お金が無くて任意売却をされるので

多額のお金は用意出来なく、予期せぬ差押のために

決済不能という事態になってしまうのです。

そうなれば、買主様はじめ準備をして頂いたすべての皆様にご迷惑をお掛けします。

 
「決済前の突然の差押」今回、当にその状況が起こった決済となりました。

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP