ホーム > 新着情報 > マイホームはいつ買う?消費税増税のメリット、デメリット
新着情報

マイホームはいつ買う?消費税増税のメリット、デメリット

2019年10月に消費税8%から10%への引き上げが予定されています。住宅購入を検討している人に
とっては、負担がどのぐらい増えるのか気になるところです。住宅取得のタイミングはいつ?
抑えるべきポイントは?経過措置や消費税増税の支援制度はあるの?不動産コンサルタントの岡本
郁雄氏に、消費税との賢い付き合い方を聞きました。

第1回 消費税の引上げで住まいの価格はどう変わるの?

消費税の引上げが2019年10月1日から実施される予定です。税率は、現行の8%から10%に。
飲食料品などは軽減税率が適用され8%に据え置かれるものの、住宅は消費税率引き上げの対象に
なります。住宅は高額な商品なので、引き上げの影響は少なくありません。第1回は住宅のタイプ
によって価格がどう変わるのか、いつまでに契約すれば消費税8%で購入できるかについて紹介し
ます。

消費税の課税対象は建物価格。土地は非課税です!

消費税は事業者が商品やサービスの取引を行う際に課税される税金(国税・地方税)です。
2014年4月1日に現行の8%(消費税6.3% 地方消費税1.7%)となり、2019年10月1日より10%
(消費税7.8% 地方消費税2.2%)に引上げられる予定です。新築一戸建て、新築マンション、
注文住宅など様々な種別の住宅が対象となります。押さえておきたいポイントは、消費税は建物
価格に対して課税されるもので、土地は非課税という点。土地と建物の価格の内訳によって、税
込価格は変わります。また、建築条件付土地の場合、土地には消費税がかかりませんが、注文住
宅の部分について消費税がかかります。案外知られていないのが、中古住宅の場合。売主が個人
か事業者によって異なり、売主が個人の場合は消費税がかかりません。一方、売主が不動産業者
のような事業者の場合、新築と同様に建物価格について消費税がかかります(土地は非課税です)

それぞれのケース
 
                                「at home」
PAGE TOP