インフォメーション

南向きのタワマン…「買って後悔した人」が考えてなかったこと

一般的には「日当たりの良好な南向き」が良いといわれるマンション。しかし、タワーマンション 限っては、このセオリーが当てはまるとは限りません。失敗しないタワーマンションの部屋選びの ポイントを、住み心地と資産価値という観点…

住宅ローン金利引き上げ、関西地銀は静観

米国の金利上昇に伴う国内の長期金利の上昇を反映し、メガバンクは2月に適用する住宅 ローンの固定型10年の基準金利をそろって引き上げた。ただ、関西の地方銀行は据え置 いたケースが多い。 海外事業や大手企業に注力するメガバン…

新築価格はやはり下がらない…これまでよりも値上がり確実か

10年目に突入する異次元金融緩和 新築価格はやはり下がらない… 【マンション業界の秘密】 職業柄、「マンションの価格はいつ下がりますか」と問われることが多い。 未来のことなんて誰にも分からないが、過去のことは解きほぐせる…

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 旧年中は、お客様はじめ取引先の皆様に格別なご厚情を賜り 誠にありがとうございました。 本年も皆様にご満足頂けるよう、丁寧な接客に取組んで参ります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。  …

-冬季休暇のお知らせ-

冬季休暇のお知らせ 令和 3年12月28日(火) ~ 令和 4年 1月 6日(木) 上記期間、冬季休暇を頂きます。 皆様、本年も何かとお世話になり、ありがとうございました。 どうぞ素敵な年をお迎えください。       …

「タワマンローン破綻」した部屋の悲惨な現場。高級ウイスキー瓶が散乱も

 国家資格合格者や、大企業への新卒入社組など、一度レールに乗りさえすれば高年収が約束 されていたはずの“勝ち組”たち。だが、そんな彼らも長引く不況や、新型コロナが追い打ちとな り、続々と高年収組から転落しているという。そ…

住宅ローン減税見直しで、期待が高まる「期間の延長」

住宅ローン減税見直しで、期待が高まる「期間の延長」 16年が理想といえる理由  政府は2022年度税制改正で、「住宅ローン減税」の税率を見直す方向を打ち出した。 現在、1年間の減税額を「ローン残高の1パーセントまで」とし…

住宅ローン審査で落ちた理由ランキング

住宅ローン審査で落ちた理由ランキングサムネイル
住宅ローン審査で落ちた理由ランキング 2位は「勤続年数が短い」。 全体の約半数を占めた1位は? 暮らしのすぱいすは11月4日、「住宅ローンの審査が通らなかった理由」の調査結果を公開。住宅 ローンの審査が通らなかった経験が…